栄町のデリヘルで遊んでいくとスポーツ好きな嬢との相性がいいようで色々聞いた話を忘備録よろしくここに書き記していきます。

スポーツ好きな気の合う栄町のデリヘル嬢とボクの思い出

スポ根デリヘル嬢

デリヘルでも攻守交代もするSチックな卓球女子

投稿日:2016年5月6日 更新日:

デリヘルでも攻守交代もするSチックな卓球女子今回お相手のデリヘル嬢は卓球は中学時代に3年間経験があり、関東大会止まりまででしたが出場した経験がある子でした。よって世界レベルの試合もテレビとかでよく見ており、その凄さを実感しているスポーツです。

彼女も同じく地域大会に出場経験があるデリヘル嬢で、僕に「スポーツ女子好き」を再認識させてくれた女性です。はじめはマニアックなラバーの話や学生時代の練習方法なんかの話で盛り上がりました。

見た目は超がつく小柄なのですが、ハートの強さには惹かれるというか尊敬すべきところが大きいです。

「卓球好きってSが多いよね」なんていうデリヘル名言(?)も彼女が生みの親です。というのもあれは技術力の高さだけでなく、いかに相手が思いもよらぬところに返すかが非常に重要になるからです。

スマッシュ的な速い球であっても一本調子な、返しやすい場所に打ってしまってえば、相手にとってそれは、相手の力を利用してさらに強い球を打ち返す『燃料的』なボールに他なりません。

それよりはたとえゆるゆるでもスゴーく嫌な場所に来るようなボールが有効なのです。それをやりあう競技ですから、S的な心が自然と育っていくというわけです。

さらに経験のある方なら分かりますが、卓球では自分のど真ん中に来るボールがテイクバックが取れず一番厄介なボールだといわれています。僕らの頃は「スマッシュは相手の顔面に叩き込め」的な教えがありました。台に触れたボールが見えなくそのまま自分の顔に当たる、というのは最高の屈辱となります。

ときにはそれで戦意を喪失してしまうこともありますから。
デリヘル嬢の持つS的な性格は今では、真逆に働くこともあり「最高にいいタイミングで絶妙な力を加えたセメ」としてこちらに届きます。もちろんそこに「最高に屈辱的な言葉セメ」が加わるのですがね。デリヘル嬢とは相性いいいスポーツなのかもしれません。

-スポ根デリヘル嬢

Copyright© スポーツ好きな気の合う栄町のデリヘル嬢とボクの思い出 , 2017 AllRights Reserved.