栄町のデリヘルで遊んでいくとスポーツ好きな嬢との相性がいいようで色々聞いた話を忘備録よろしくここに書き記していきます。

スポーツ好きな気の合う栄町のデリヘル嬢とボクの思い出

スポ根デリヘル嬢

デリヘル嬢の毎日の健康管理は栄町でジョギング

投稿日:2016年5月6日 更新日:

デリヘル嬢の毎日の健康管理は栄町でジョギング個人的に陸上、中でもマラソンほど見たいけどやりたくないスポーツはありません。とくにフルマラソンなどにはドラマがあり、人間の体力の極限(酷暑でフラフラと歩くようにゴールした女性もいましたね)も垣間見え、かつスパートする瞬間の駆け引きなど人間ドラマも見ることができます。そんな陸上選手に栄町のデリヘルで会うことができました。

栄町にある人妻デリヘルに勤める女の子、今でもホノルルや東京など国際系の市民マラソンに出場してるそうです。ちなみに私が会って一番聞きたかったのが、スポーツ誌などでよく目にする「ランナーズ・ハイ」の時の気持ち、あれは実際どのくらい気持ちいいのかというものでした。あれほどの「苦行」ともいえる競技を、しかも時にはお金を払ったり、しかも1度ならず2度3度繰り返すのかという思いの答えがあるのかなと考えたからです。

きっとこの世のものとも思えない快感なのであれば、納得ができると思ったのです。が、期待は大きく裏切られました。

その栄町のデリヘル嬢いわく「そんなでもないですよ。頭がポーっとなるくらいです。というか、あれは身体的にはすごく良くない状態(脱水症状に近い)で、そこから緊急避難するために、普段は出さないドーパミンを放出してる状態なんです。最近は競技中の給水が重要なことがわかってますから走っている人のランナーズ・ハイって起きにくくなってるんじゃないかな」とのこと…。
マジか…。では何のために走るんだろう。

早速聞けば、そのデリヘル嬢は単純に走ること自体が気持ちいいという、分からない私にはなんとも気持ち悪い答えでした(笑)。

ちなみに毎日栄町で走っていると、時折ものすごく調子がいい時があって、その瞬間がすごく気持ちいいのだそうです。プロの人たちの間ではセカンドウインドっていうらしいんですが、ただこれが味わいたいだけで毎日…。うーん、わからん(笑)。

-スポ根デリヘル嬢

Copyright© スポーツ好きな気の合う栄町のデリヘル嬢とボクの思い出 , 2017 AllRights Reserved.